Home >

散骨等の自然葬はご自分でできます

何も業者に高い費用を払って自然葬をしなくても、ご遺族が独自に散骨を行うことができます。難しいことはありません。故人を火葬した後、四十九日後を目処に焼骨を細かくして、海、山、川、海外、またはご自宅の庭など、故人のご希望に沿った場所にご遺族が散骨すれば良いだけです。大切なことは故人のご希望とご遺族のお気持ちです。ただし海外の場合、法律で散骨が禁止されていることもありますので、事前にご相談下さい。

お墓は本当に必要ですか??

そもそもお墓とは何でしょう??宗教上では魂は天に昇る筈です。お墓は焼骨を埋葬し、お寺さんに永代供養等をして頂くための場所です。当然遺族はそこにお参りし、故人を偲びます。しかし、その場所に故人の魂があるのでしょうか?お墓が不要だとは断言しませんが、故人の遺骨の取り扱いに関しては、宗教上の決まりよりも故人または、ご遺族の気持ちが大切であると考えます。また、最近「墓はいらない」という方が非常に増えてきたことも事実として、お墓の必要性を真剣に考える必要があると考えます。

死後に命名される戒名は本当に必要ですか??

戒名とは、仏教において、仏門に入った証しとして付けて頂く名前です。
日本では、死後に浄土で出家して最終的には仏となる浄土思想にもとづき、死者に戒名を与える風習が生れました。日本では死後に戒名をつけるのが一般的ですが、その際に高額な戒名料を要求されたり、その額によって戒名に差がつけられたりする事例が一般化しており、仏教界の内部からも批判が出ています。戒名が一種の宗教ビジネスになっていると指摘されていますが、この問題は戦後になってから顕著に表れた物です。
死後、仏教徒になりたいと思うのでしたら高いお金を払ってを戒名を買うべきですが、仏教徒になりたいと思わないのでしたら、戒名は必要なく、お墓や位牌には本名(俗名)を記載すればいいのです。

戒名に関する詳しい内容はコチラに書いてあります。

遺骨を身近に置くという選択

散骨によって遺骨の多くを自然に帰す訳ですが、遺骨の一部を身近に置くという方々も増えています。アクセサリー等に遺骨の一部を入れて身に付ける方もいらっしゃいます。また、ご自宅の仏壇に遺骨を少しだけ保管している方もおられます。遺骨が身近にあれば、毎日故人を感じる事ができるはずです。墓参は年に二回程度でしょう。遺骨を身近に置くという選択はお墓に納骨するより良いのかもしれません。

とても大切な位牌について

位牌は故人そのものです。お墓に気を遣う方は多いですが、位牌は葬儀屋さんに任せて気がついたら納品されていた・・というケースが多いようです。実は位牌こそ一生に一度の大切な買い物で、位牌は故人の魂が宿るところです。実はお墓よりも慎重に選ぶべきものなのです。安い物では3,000円程度の価格で買うことも出来ますが、安すぎる物は多少の疑問と後悔が残ります。位牌選びは生前に慎重に選ぶ事をお勧めします。


《関連サイト》
http://www.memorialdiamond.jp/

Produced by 葬儀生前予約協会